小 児 科
○小児科全般にわたり診療しています。

○日頃はウイルス性の風邪が多くみられますが、他のさまざまな感染症がみられるため、症状に応じて必要な検査を実施したうえで治療を行っています。例えば、気管支炎や肺炎が疑われる場合は血液検査とレントゲン検査、強い扁桃炎にはアデノウイルス検査や溶連菌検査、インフルエンザ流行時にはインフルエンザウイルス検査、強い胃腸炎には細菌培養検査やロタウイルス検査を行うことがあります。

○治療は投薬治療が中心になりますが、症状によっては点滴や注射による治療も行います。

○精密検査や入院治療が必要な場合には、弘前市立病院、健生病院、弘前大学医学部付属病院などを紹介します。
○アレルギーに関係する病気としては、気管支ぜんそく、花粉症、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎、じんましん、食物アレルギーなどの診療を行っています。

○最近はさまざまなアレルギーがみられることからも、アレルギーの原因を特定するための血液検査を実施したうえで、より適切な治療と指導を行っています。

○他にもさまざまな症状がみられることがあり、また育児をしている中での疑問や子どもの健康についての疑問がある場合には、よくお話を聞いたうえでより良い解決法がみつけられるように保護者の方と一緒に考えてアドバイスしていきます。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。