予防接種はいつ受ける?
予防接種スケジュール
 
予防接種とは?
 
○予防接種のスケジュールは、感染症情報センターのホームページで紹介されています。

○予防接種については、細菌製剤協会のホームページに詳しく説明されています。

*上のマークをクリックして下さい。
定期予防接種
○対象年令の方は無料で受けられます。

○BCG は、生後5ヶ月になったら生後12ヶ月になる前に受けて下さい。

○四種混合ワクチンは、生後3ヶ月になったら早めに接種して下さい。3週間から8週間の間隔をあけて3回、さらに1年後に4回目を接種します。遅くても7才6ヶ月になる前に4回目を受けて下さい。

○麻しん風しんワクチンの1回目は、満1才になったら早めに(できれば1才3ヶ月までに)、2才になる前に受けて下さい。

○麻しん風しんワクチンの2回目は、小学校入学の前年の4月1日から小学校入学の年の3月31日までに受けて下さい。

○日本脳炎ワクチンは、3才から7才6ヶ月までに合計4回受けます。一部の方は20才まで無料で受けることができる場合があります。詳しいことはお問い合わせ下さい。

○二種混合ワクチンは、学校では行いません。弘前市内の指定医療機関で11才以上13才未満で受けて下さい。



*四種混合ワクチンを受けた方はポリオワクチンを接種する必要はありません。

○ヒブ髄膜炎ワクチン

 ヘモフィルスインフルエンザ菌b型(Hib)という細菌は、とくに乳幼児では髄膜炎などの重症な感染症を引き起こすことがあります。このHib(ヒブ)による髄膜炎にかかると、約30%の子どもは死亡したり聴覚障害や神経学的障害などの後遺症を残します。

 接種回数は、以下のように年令によって違います。

 生後2ヶ月~7ヶ月未満
   初回接種として3回接種し、7~13ヶ月後に1回追加接種

 生後7ヶ月~1歳未満
   初回接種として2回接種し、7~13ヶ月後に1回追加接種

   1才以上5才未満は、1回接種のみです。

○小児用肺炎球菌ワクチン

 肺炎球菌はいろいろな病気(感染症)の原因になります。肺炎や中耳炎、ときには髄膜炎や菌血症などの重い感染症を引き起こします。そのため小児用肺炎球菌ワクチンが開発され、現在、世界約100カ国で接種されています。
 わが国では、2010年3月から小児用の肺炎球菌ワクチンが使用できるようになりました。

 接種回数は、以下のように年令によって違います。

 生後2ヶ月~7ヶ月未満は、3回(4週間隔)→ 追加1回(1才~)

 生後7ヶ月~1才未満は、2回(4週間隔)→ 追加1回(1才~)

 1才は、2回(60日間隔)  2才~5才未満は、1回


○子宮頚がん予防ワクチン

 子宮頸がん発症の主要な原因であるヒトパピローマウイルスの感染を予防するワクチンです。

 接種対象は、中学1年から高校1年の女子

 接種回数は、3回 (初回、1ヶ月後または2ヶ月後、6ヶ月後)

 接種方法は、他のワクチンと違い、肩に筋肉注射します。

*現在は、積極的勧奨を中止していますが、希望者は接種できます。


〇高齢者肺炎球菌ワクチン

 肺炎による死亡の95%以上は65才以上です。65才になったら肺炎球菌ワクチン(成人用)を受けましょう。5年間効果があります。弘前市では、5の倍数の年令の方は自己負担5,000円で接種できます。
○水痘(水ぼうそう)ワクチン

 平成27年9月から定期予防接種になりました。

 接種対象は1才~3才未満、接種回数は2回 (3ヶ月以上の間隔)

 標準は、初回を1才~1才3ヶ月、6~12ヶ月間隔をあけて2回目を接種
 
〇B型肝炎ワクチン

 平成28年10月から定期予防接種になりました。

 接種対象は生後2ヶ月~1才未満、接種回数は3回

 標準は、生後2ヶ月から1回目、4週以上間隔をあけて2回目、1回目から20週あけて3回目

 *3回目が1才を越えないように注意して下さい。
任意予防接種
○有料で受けるワクチンです。

○おたふくかぜワクチンは、満1才になれば受けられます。麻しん風しんワクチンと同時か麻しん風しんワクチンが済んだら早めに受けましょう。
 弘前市では、公費助成があります。対象は1才~2才未満と就学前年にあたる方です。1回4,000円で接種できます。

○水痘(水ぼうそう)ワクチンは、定期予防接種になりました。1才~3才未満で2回受けましょう。

○インフルエンザワクチンは、13才未満は2~4週間隔で2回、13才以上は1回または1~4週間隔で2回接種します。生後6ヶ月から接種できます。

○ロタウイルスのワクチンは、経口(飲む)ワクチンです。生後6週~生後14週6日までに接種を開始する必要があります。2種類のワクチンがあり、4週間の間隔をあけて、2回または3回接種します。

○B型肝炎ウイルスワクチンは、定期予防接種になりました。生後2ヶ月~1才未満で3回受けましょう。
 


*1 小学生以上で、おたふくかぜ、水ぼうそうのワクチンを受けていない方で、自然にかかったこともない方は、早めにワクチン接種をお勧めします。大人の方も接種できます。

*2 風しんワクチンを受けていない方、とくに女性の方は、妊娠年令に達する前に是非接種して下さい。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。